Disastronaut + @Shubyart exhibition TOKYO SÉANCE

by The Editor


Disastronaut + Shuby exhibition TOKYO SÉANCE

 

 

 

Disastronaut + Shuby exhibition

TOKYO SÉANCE 

2014年4月16日(水) 〜 4月30日(水)

12:00 – 19:00 ※ 最終日18時終了

4/19(土)、21(月)、28(月)は休廊

 

 

 

WISH LESS galleryでは、アメリカ人のアーティスト、ディザストロノウトことジェフリー・ルイ・リードとイギリス人ペインターのシュビーによる共同展覧会を開催いたします。

ジェフリーとシュビーにとって日本初となる本展では、それぞれのアートワークと2人が共同制作したペンティング作品をご紹介いたします。

 

2人は、イギリス南西部ヘイスティングという小さな街にあるお気に入りのアンティークショップ「Roberts Rummage」にて見つけた古い時代の写真に、自由かつ即興的にペインティングを施します。ジェフリーがこだわるヒトのキャラクターには儚さと強さが同居しており、いつか見た風景を思い起こすノスタルジックな印象があります。同じキャラクターを一心不乱に描き続けることによって、意味を持たない不変の物体を特別な存在へと甦らせ、観る側を幻想的な異次元へと誘います。例えば、強いまなざしを向ける赤ん坊の写真。赤ん坊の周りには男の顔が描かれてますが、この男は安らかな顔とともにどこか亡霊のような不気味さも兼ねています。果たしてこの男は赤ん坊を守ろうとしているのか?それとも冥界に連れ出そうとしているのか?そんな疑問を投げかけるジェフリーの作品には、魂が宿り、写真にうつる人々の記憶を呼び起こしては今は無き人物の叫びを表しているのです。

 

シュビーの描く”ラビット”のような不思議な生き物の背景には、スピリチュアルな出来事が潜んでいます。あるティーネイジャー(シュビー自身なのか)が占い師に会い、占い師は耳の長い動物が見えると彼女に伝えます。彼女は直感的にうさぎの守護神だと信じ、うさぎを描く事で自分は救われると思い込みます。その出来事からシュビーは取り憑かれるようにラビットをモチーフにした作品を多く制作していきます。

 

ヒトの顔のキャラクターを描き続けるジェフリーとラビットの虜となったシュビーが、お互いを認知し刺激し合う事で生まれた”新たなモノの見方”を追求する展示会です。SÉANCEとは交霊会=つまり死者の霊を呼び起こし、霊との対話を試みる集いを意味します。写真に描き加えられた絵が道しるべとなって、そこにうつる人々をシュールな存在へと甦らせます。

 

本展では、最新作のペインティング作品を中心に、100点を超えるポストカードのカスタマイズ作品を展示・販売いたします。さらに、音楽家でもあるジェフリーが作曲した新作CDアルバムの販売も行います。このアルバムには本展のために作られた「TOKYO SÉANCE」という楽曲も収められています。視覚と聴覚を刺激する、まさに交霊会の名に相応しい作品群です。さらに、特別企画としてWISH LESS gallry主宰のロブ・キドニーもコラボレーションに参加いたします。イギリスで大きな反響を起したディザストロノウトとシュビーの日本初の展示会にぜひご期待ください。

 

-

 

Disastronaut + Shuby exhibition

TOKYO SÉANCE 

 

Wednesday April 16th – Wednesday April 30th  2014

We will close at 6pm on the last day.

Opening hours: 12:00 – 19:00

Closed on 19th, 21st and 30th of April.

 

We have taken old photographs found in one of our favourite junk shops “Roberts Rummage” of Hastings, England and repainted them quickly and intuitively – to capture the ectoplasm and decay of past lives – including the key picture of a small child looking out from a sleeping / resting / possibly dead old man. Shuby, on the other hand, as a teenager went to see clairvoyant who said she felt the presence of an animal with long, floppy ears in the room. This is the inspiration for the ghostly bunnies on the photos.Included in the show will be some of Disastronaut’s  trademark ‘painted sheet music’ pieces,this time also painted by Rob Kidney,in their first collaboration in Japan.

 

 

OPENING RECEPTION

2014/04/16 wed   19:00 – 21:00

※アーティストの来日はございませんのでご了承ください。

 

 

PROFILE

Disastronaut a.k.a Jeffrey Louis Reed/ディザストロノウトことジェフリー・ルイ・リード

アメリカ出身。イギリス在住。昼はペインター、夜は作曲家/DJというマルチアーティスト。スイマー、探索者、空想家、アルケミスト、ライター等さまざまな肩書きを持つ。NYやパリ、バルセロナに住んだ後、現在はイギリス南西部の街ヘイスティングを活動拠点としている。ロンドンの大手ギャラリーをはじめ、欧米各地で個展を多く開催。クラシック音楽の作曲家でありDJとしても大変有名。Disastronaut名義でパフォーマンスのみならずパーティの企画運営なども積極的に行う。世界各国のナイトクラブやルイヴィトン、ヴィヴィアンウェストウッドなどのファッションショーでプレイし、Time Out 紙ではロンドンのトップ5DJに選出される。主な参加DJイベントは、2 Many Bears, Massive Attack, Faithless, Hot Chip, Grandmaster Flash and Mike Skinnerなど。多くのギャラリーから絶大な支持を受け、展示会の度にコレクターが押し寄せる程の人気アーティストである。2014年は、東京WISH LESSの他、ロンドンをはじめイギリス各地やパリなどでも個展を開催予定。

アーティストウェブサイト:http://disastronaut.com

 

Shuby/シュビー

イギリス出身のペインター。コラージュや写真、異素材などを巧みに使い、不条理から成り立つキッチュでアイロニックな作品を制作。ジョセフィン・ベーカーやバスビー・バークレー、アンディ・ウォーホルらから影響を受け、ポップでノスタルジックな要素が強いアーティスト。チャリティショップやフリーマーケットで偶然見つけた素材にラビットやバナナなどのモチーフを描くことで、大衆あるいは無名のイメージを全く別の個体へ変化させる。彼女のユーモラスな世界観を世の中に広めるため、街中に自作の特大ポスターをゲリラ的に貼り続ける。

アーティストウェブサイト:http://www.shuby.co.uk

 

Disastronaut: 

Jeffrey Louis Reed. Artist by day, composer & DJ by night; swimmer, searcher, visionary, writer and alchemist. Jeffrey was born in the US and has lived and worked in New York, Paris, Barcelona and London. He composes classical piano music, is a founder of Audio Sushi and is best known as Disastronaut, travelling the world to DJ in many of the world’s leading clubs, catwalk shows and festivals. Time Out named him as one of 5 best resident DJs in London, most recently bringing 2 Many Bears, Massive Attack, Faithless, Hot Chip, Grandmaster Flash and Mike Skinner to play his regular night at the Dogstar, Brixton. He lives in Hastings with music and art studios overlooking the sea. An extremely prolific artist, he is much in demand with galleries and collectors and this year has exhibitions in London, Sussex, Paris and Tokyo.

Shuby: 

Shuby uses print, collage, paint and photography to create original images that revel in absurdity, kitsch and irony. Her inspiration often comes from chance finds in charity shops, which are then humorously altered with motifs such as bunnies and bananas; the end results cheerfully subverting portraits and images both public and anonymous. The resulting juxtapositions are quixotic, skewed dreams rendered in technicolour.Shuby also combines found objects to create  time capsules, sealed collisions between pop and domestic nostalgia. Her influences include Josephine Baker, Busby Berkeley, Andy Warhol, Eduardo Paolozzi,  Joe Tilson, Ellen Gallagher, John Stezaker, Retro advertising, Car Boot Sales and The Carnivalesque.

Shuby has made a large amount of street art mainly in the form of paste ups. An early poster featured a lady holding a big banana, inspired by the 1943 Busby Berkeley musical by ‘The Gang’s All Here’, in which rows of ladies wave comedy bananas in the air. Since then Shuby has used the banana motif throughout her studio work and on the street which has become a naughty but innocent calling card-  instantly recognisable and intrinsically humorous.

 

 

 

[ 概要 ]

ディザストロノウト + シュビー 日本初の展示会「TOKYO SÉANCE」

会 期:2014年4月16日(水) 〜 4月30日(水)  最終日18時終了

時 間:12:00 – 19:00  ※ 19日(土)・21日(月)・28日(月)は休廊

会 場:WISH LESS gallery

住 所 : 〒114-0014  東京都北区田端5-12-10

電 話 : 03-5809-0696

メール:info@wish-less.com

 

Disastronaut + Shuby exhibition「TOKYO SÉANCE」

Period : Wednesday April 16th – Wednesday April 30th  2014

※ We will close at 6pm on the last day.

Opening hours : 12:00 – 19:00

Closed on 19th, 21st and 28th of April.

Address : 5-12-10 Tabata Kita-ku Tokyo 114-0014

Tel: +81-3-5809-0696

Email : info@wish-less.com